雇用保険被保険者証

雇用保険被保険者証

雇用保険被保険者証とは被保険者番号や氏名が記載された書類です。
被保険者番号は1人に1つの番号であり、この番号により雇用保険の加入歴などが分かるようになっています(雇用保険の被保険者番号と年金の基礎年金番号は異なります)

雇用保険被保険者証はとても大事なものですが、紛失したり損傷したときは、雇用保険被保険者証再交付申請書をハローワークの所長に提出することにより再交付を受けることができます。

この再交付は労働者本人がハローワークに行き手続きすることも出来ますし、在職中の場合は会社が手続きしてくれることもあります。


労働者は転職したときは、雇用保険被保険者証を転職先の会社に提出しなければなりません。
一方、事業主はその雇用する労働者が被保険者となったときは雇用保険被保険者資格取得届を事業所を管轄するハローワークの所長に提出しなければなりません。

その資格取得届の添付書類として雇用保険被保険者証が必要ということになっています(新規学卒者など初めて就職の場合は不要)

雇用保険被保険者資格取得届の手続きについて

資格取得届の提出を受けたハローワークの所長は、雇用保険被保険者資格取得等確認通知書(事業主通知用と被保険者通知用)、資格喪失届・氏名変更届、雇用保険被保険者証を事業主に交付します。

交付を受けた事業主は雇用保険被保険者資格取得等確認通知書(被保険者通知用)と雇用保険被保険者証を労働者に渡さなければなりません。