基本手当

基本手当

基本手当は被保険者が失業した場合、離職の日以前1年間に被保険者期間が通算して6か月以上であったときに支給されます。ただし、短時間労働被保険者(週所定労働時間20〜30時間)は12か月の被保険者期間が必要です。

※平成19年10月1日以降に離職された方は法改正により次のようになります。

【受給資格要件の変更】
短時間労働被保険者と短時間労働者以外の一般被保険者の週所定労働時間による被保険者区分がなくなります。

●旧
短時間労働被保険者(週所定労働時間20〜30時間)
→12か月(賃金支払基礎日数が各月11日以上)

短時間労働被保険者以外の一般被保険者
→6か月(賃金支払基礎日数が各月14日以上)

●平成19年10月1日以降に離職
雇用保険の基本手当を受給するためには、週所定労働時間にかかわらず原則、12か月(賃金支払基礎日数が各月11日以上)の被保険者期間が必要です。